なつかしい日本の情景・たけなかアトリエ

2019/07/24 20:39 お知らせ

2020年、オリジナル名入れカレンダー予約受付中

来年用のカレンダーを今回も制作いたします。
3月には「令和」の由来となった太宰府で毎年行われる「曲水の宴」のイラストにしました。
企業のノベルティやお世話になった方への暮れのご挨拶用に皆様から喜ばれています。
六曜入りでスケジュールの書き込みがしやすいカレンダーです。
子供たちの楽しくどこか懐かしい絵柄は世代を超えて親しまれ、必ず飾ってもらえると好評です。
お申し込みはチラシをファックス、お問い合わせページから、またはオリジナルカレンダー予約ページからお願いいたします。

2019/07/17 23:39 ブログ

グループ展開催中です/新天町ギャラリー風〜7月21日まで

告知が遅くなりました。

天神・新天町のギャラリー風でグループ展「わんにゃんいらすと展」に参加しています。

平成28年度に殺処分された犬、猫の数は56,000頭にも及びました。
まるで壊れたおもちゃを捨てるようにいまも命が捨てられています。
動物たちの命を救う活動の一助になりたい。私たちはそんな思いをもってわんにゃんイラスト展を企画いたしました。展覧会での売上金の一部を犬や猫の殺処分をなくす活動へ寄付させていただきます。
博多祇園山笠の興奮もまだ冷めやらない博多の街で地元で活躍するイラストレーターたちの
犬と猫のイラストだけを集めたグループ展。
あまり目にする機会のない作家の原画も多数展示いたしますので、ぜひご覧ください。


と き・7月15日 10:30~7月21日 19:30(最終日は17:00)
ところ・新天町北通り/ギャラリー風

わんにゃんイラスト展

2019/07/04 11:37 ブログ

列車の乗り過ごしが無くせないか?

電車に乗ってていつも怖いのが「乗り過ごし」ですよね。
 
お酒飲んだ後など、何度乗り過ごしたことか。
学生の頃もよく乗り過ごしてひどい目にあいましたw
 
個別のちいさな目覚ましアラームとかは売ってるけど、これってできれば鉄道会社が解決するほうがいいんじゃないかと思います。
 
たとえば、列車ごとに壁面にプリントされたQRコード読み取ってスマホで降りる駅を登録したら、到着前にお知らせアラームできるアプリとか作れたらすごく画期的かも。
 
そんなサービスやってほしいなぁ。

2019/05/27 13:29 お知らせ

サイトをリニューアルいたしました。

ありがとうございます 感謝

今年の3月に、それまでホームページを置いていたYahooのジオシティーがサービスを停止したため、サーバを移転しなくてはならなくなりました。
そこで、これまで懸案だったサイトのリニューアルも行うことにいたしました。
しばらくは見づらいこともあるでしょうし、アップしている画像もまだまだ少ないですが、過去のページも載せていますので今後はこちらでよろしくお願いいたします。。

2019/02/27 11:19 お知らせ

塗り絵の本「レトロで懐かしい昭和塗り絵」にイラストを書きました。

レトロで懐かしい昭和塗り絵

レトロで懐かしい昭和塗り絵

 


昭和30年代〜40年代をテーマにした懐かしい塗り絵がブティック社から刊行され、高荷真弓さんとともに絵を描かせていただきました。
懐かしい昭和の情景の塗り絵は思い出話に花を咲かせながら楽しく絵を完成させていただけると思います。
「レトロで懐かしい昭和塗り絵」

2019/02/05 15:29 ブログ

カラオケの思い出

先日の勉強会では、昭和歌謡の講座もありました。

戦後の曲がほとんどで、たくさんの曲を歌っていただきましたが、残念なことに一曲も知った歌がありませんでした。

 

知らない歌が次々歌われる微妙な空気感に…既視感(デジャヴュ)。

 

思い出したのが、35年以上前の思い出です。

 

まだ、20歳そこそこだった私はクライアントである印刷会社の営業部長さんに連れられて中洲のスナックに行きました。

そこで、部長さんやその部下の方々が歌詞カードを片手に聞いたこともない演歌をカラオケで歌ってました。

 

まだカラオケ経験がほとんどない中で、私にも順番が回ってきて「歌え」と言われますが、演歌なんて全く知らないのでどんなに歌詞カードを捲っても歌えそうな歌が見当たりません。

 

ようやくテレビで何度か聞いたことがある「北の宿から」(「襟裳岬」だったかも)を見つけ、うろ覚えで歌いました。

 

その後も何度か歌うように促されたので、部長さんに「10年経って自分たちがお金払って飲みに行けるようになったら、カラオケも演歌ばかりじゃなくてアニメソングやテレビ主題歌が歌えるようになりますよ」というと、部長さんは「そんな馬鹿なことがあるはずないだろう」と一蹴。

 

しかし、10年どころかその後のバブル景気もあり若い人でもどんどん遊ぶようになったため数年後にはアニメソングがたくさんカラオケに入りました。

 

その頃にご一緒した際に「ほら、アニメソングもカラオケになったでしょ?」って部長さんに言うと「本当やな〜」って笑ってました。