なつかしい日本の情景・たけなかアトリエ

ブログ
2021/12/26 19:36

本質を学びたい

最近、特に思うのは「真理」「本質」というものを学ぶ大切さ。
仕事のこと、社会のいろんな課題、人間関係、これから目指すべきこと…そんないろいろな悩みや判断に迷った際に、基準となるものを持っていればきっと間違うことはないと思います。
ところが、そもそもそんな真理、本質的なことってなんなんだ?
それを教えてくれる人を探し、どうすればそれが身につくのかを学ばなければ、もし間違って変な基準を持ってしまうとむしろ害悪でしかない。
でも最近ようやく、何をどのように学ぶといいのかが少し見えてきた気がします。
皇居勤労奉仕に参加したり、日本の歴史や古典や和歌について学んでいるのは、一見遠回りのようで実はその中に物事の本質があると思うから。
昨日は今年最後の和歌を学ぶ会『和道塾』がありました。
和歌を学んでいるというと、ほとんどの方から「雅な趣味ですね〜」などとカルチャースクール的なことをやってると思われますが、この会は歌を学ぶことで歌に込められた想いや自分の心の奥深くと向き合う学びの場です。
心がすごく鍛えられます。
そして、過去や現在の方々の素晴らしさに出会えます。
まだまだ参加者が少ない小舟のような勉強会ですが、『本物』の先生からの学びは少ない人数だけで受け取るのは本当にもったいない。
来年からも楽しく学びつつ気付いたら本質に近づいているような学びをしていきたいと思います。
一緒に学びたいという方がたくさんきて欲しいので、もし興味がありましたら一度参加してください。
決して難しくないですし、むしろ面白くて楽しい会です。
次回は令和4年2月23日の天皇誕生日にカルタ大会などをしながら学ぶ予定です。

ブログ
2021/04/12 19:48

たけのこ掘り

今朝、早朝から助っ人頼まれてたけのこ掘りしてきました。
初めて掘るという方もいたので、掘り方を説明していくつか掘った後で、
あとは頭だけ出ているたけのこを探しては、
未体験の方に場所を教えて掘っていただきました。
皆さんすごく楽しんで大漁のたけのこを持ち帰ってました。
最後に茹でかたのコツと保存の方法もお伝えしたので今日は皆さんで頑張って茹でていると思います。
我が家でも残った灯油を消費するためにストーブでコトコト茹でて冷ましてます。

茹でかたのコツは弱火でいいので割と長めに茹でることと、茹でたあとは自然に冷めるまで鍋の中で冷ますこと。
ぬかがない時は一掴みのお米を入れたら代わりになります。

保存は調理に使うくらいにカットしたあと、超薄味の醤油味で煮て、煮汁ごとジップロックに入れて冷凍しておけば一年中楽しめます。

根元の綽々した部分は短冊に切ってラッキョウ酢に漬けても美味しいです。
おためしを。

たけのこ,

ブログ
2021/03/29 14:39

和歌を読む会でハイキング

満開の桜と桜吹雪が美しい霜山との壱岐神社に集って和歌を作りました

和歌を読む会の集まり、スピンオフで下山門駅に集合し、壱岐神社や元寇防塁跡、生の松原などを散策し、その後は山本さんのお家で酒盛りが始まりました。
こんな楽しい会はやっぱりやらなくちゃ、引きこもってばかりはいられませんね。

御社に舞ひ降るさくらの花びらを追ひて駆けゆく童愛らし

ブログ
2020/09/18 16:35

李登輝さんが私の絵を見てくださっていた

今日、感激する写真を目にしました。
先日、惜しくもお亡くなりになった台湾の李登輝元総統閣下が、なんと私が毎月描かせていただいている冊子を見てくださっていたとのことで、実際にその冊子を手にした写真を見つけました。
撮影した方にお願いしてお写真を譲り受け、掲載許可も快く承諾くださいましたのでここにアップさせていただきます。
李登輝閣下とは生前にお会いすることは叶いませんでしたが、こうして絵を通して繋がっていたことが分かっただけでも、大いに励みになります。
これからまた頑張る元気をもらいました。
写真をお送りくださった坂元様、ありがとうございました。
李登輝, 日本の息吹, 台湾, 日本精神,

ブログ
2020/07/20 09:46

2021年、オリジナル名入れカレンダー

令和3年(2021年)のオリジナルカレンダーを今回も制作いたします。

企業のノベルティやお世話になった方への暮れのご挨拶用に皆様から喜ばれています。
六曜入りでスケジュールの書き込みがしやすいカレンダーです。
子供たちの楽しくどこか懐かしい絵柄は世代を超えて親しまれ、必ず飾ってもらえると好評です。

コロナウイルスで見直される家族の暖かさを感じるカレンダーをどうぞ。

お申し込みはチラシをファックス、お問い合わせページから、またはオリジナルカレンダー予約ページからお願いいたします。

令和3年(2021年)版のオリジナル名入れカレンダー「日本のこどもたちカレンダー」予約販売中

 

ブログ
2020/06/04 20:54

うれしいはなし

こんなことってあるんだなぁ。

長く続いた仕事が昨年突然なくなって落ち込んだけど、今年は全く別のルートから同じ仕事の依頼がきてびっくり。

それまで依頼してくれていた会社に経緯を説明したら「どうぞやってください」と快諾してくださったので、また今年から関われることに。

結構大きなお仕事だったのですっごく嬉しいけど、もう来ないと思って別の仕事を受けてたので、スケジュールが大丈夫かちょっとドキドキしてます。

コロナでいろんな予定が吹っ飛んだのも少し助かってる。。。なんて言ったら叱られるかなぁ。

ブログ
2020/05/09 13:33

母の日

母の日(mothers day)にお母さんにお花を選んで贈れるのって幸せですね。


今年はコロナの影響で母の日ではなく「母の月」として、5月の内にお花でも送ろうと思っていたら案外早く1日前の今朝届いたそうです。

さっそく今朝両親から電話があり、元気な声が聞けたので安心しました。
両親が元気でいてくれて、お花を贈ることができるのが感謝です。

先日は長男から妻に「お母さんが毎夕、一汁三菜を必ず作ってたのってすごいことだったんだね」と電話がありました。
長男も一人暮らしで自分で作るようになって、おかずを3品毎日考えて作ってきた母親に驚嘆したようです。
ちゃんと言葉にして電話をかけてくる長男も立派だなぁと思いました。
自分は母にも妻にもそのような感謝を言葉にして伝えたことがなかったので、大いに恥じ入り反省しました。

今日も仕事をしながらラジオを聞いていると「母の日特集」で演歌ばかりかかってます(笑)

妻から「お母さんはどんな音楽が好きなの?」と聞かれましたが、考えてみたら母がどんな歌手や音楽ジャンルが好きかなど聞いたこともありませんでした。
父は映画音楽やタンゴのレコードを持っていたのでなんとなくその辺が好きなのだろうとは思いますけど、母はテレビもラジオもチャンネル権を主張することもないので、どんな音楽が好みなのか全く知らないことに今更ながら自分にびっくりです。

今度、機会を見つけて聞いてみようかな。

#母の日 #mothersday #花を贈る #好きな歌 #妻 #明日は母の日 #母の日特集 #illustration #illustrator #drawing #takenaka #toshihiro #japan #イラストレーション #イラスト #なつかしい #カレンダーイラスト #たけなかアトリエ #竹中俊裕

ブログ
2020/01/20 13:03

あぶりだし

あぶりだし, こたつ, みかん, ストーブ,ねこ, 半紙, 2月, 童画,イラスト,子ども, 昭和レトロ, ふるさと, なつかしい,

【あぶりだし】
みかんの汁を絞って半紙に絵を描いたら乾かしてストーブで炙ります。
しばらく炙っているとじわじわと絵が現れてきました。
面白くなってお姉ちゃんや妹と一緒にいろいろ描きました。
弟は漫画を見ながらコタツの中でお昼寝してました。

ブログ
2019/11/06 11:05

技術評論社「新春を寿ぐ 和の趣年賀状 子年版」2020年 令和2年

今年も技術評論社子年版の年賀状の本にもイラストを提供いたしました。
令和になって初めてのお正月。
子供達のお正月の遊びや情景を描いています。

技術評論社「新春を寿ぐ 和の趣年賀状 子年版」2020年 令和2年

技術評論社「新春を寿ぐ 和の趣 年賀状 子年版」2020年年賀状 素材集 令和2年 技術評論社「新春を寿ぐ 和の趣 年賀状 子年版」2020年年賀状 素材集 令和2年

2020年 年賀状 子年 令和2年 初詣 おみくじ 2020年 年賀状 子年 令和2年 すごろく 2020年 年賀状 子年 令和2年 もち ぜんざい 火鉢 2020年 年賀状 子年 令和2年 こままわし

ブログ
2019/10/16 10:55

年賀状の本に絵を描きました

今年も子年版の年賀状の本にイラストを提供いたしました。
令和になって初めてのお正月。
絵も令和にちなんだ太宰府での梅花の宴や曲水の宴を描いています。

「心に残る和の年賀状 令和子年版」インプレス刊


令和初めてのお正月にちなみ太宰府の梅花の宴や曲水の宴を描きました